オリンピック総合情報NEWS

オリンピックに関する様々な情報を掲載していきます

*

【リオパラリンピック】ロシア選手団のパラリンピック除外で提訴、結局参加できるの?

   

ロシア・パラリンピック委員会のルーキン会長はリオデジャネイロ・パラリンピックからロシア選手団を除外する処分を認めたスポーツ仲裁裁判所の裁定取り消しを求めました。

スイスの裁判所で提訴の手続きを取ったことを明らかにしました。

ロシアを巡ってはオリンピック・パラリンピックと国ぐるみのドーピングという問題がありました。

 

ロシア選手団のパラリンピック除外で提訴へ

果たして問題はどうなるのでしょうか。

国際パラリンピック委員会は、ロシアの国ぐるみのドーピング問題を受けてリオデジャネイロパラリンピックからロシア選手団を全面的に除外する処分を発表しました。これは世界に大きな衝撃を与えましたね。

ロシアはこれを不服として取り消しを求めていたが、8月23日に却下されました。

しかしロシア選手団を除外する処分を追認したスポーツ仲裁裁判所の裁定取り消しを求め、スイスの裁判所に新たに提訴しました。スイスの裁判所では手続きの誤りが認められた場合に裁定を覆すことができる。

さらに、266選手が欧州人権裁判所に訴えを起こすという報道もありました。

 

結局参加できるの?

これはまだ決定ではないので言いにくいのですが、恐らくは難しいです。

8月29日に審理が行われるというが、ロシア選手団の同大会参加は絶望的といっていいでしょう。ロシアを除外したことで各国では追加招集もされました。

日本代表にも追加招集がされ、今更になってロシアが出場するという可能性は低いといっていいでしょう。仮にロシアが参加可能になった場合だと追加招集の選手たちが可哀想という意見も噴出し、さらに問題は混迷を深めるでしょうから。

 - リオデジャネイロオリンピック , , ,