オリンピック総合情報NEWS

オリンピックに関する様々な情報を掲載していきます

*

オリンピックには年齢制限が設けられているの?

   

世界中のスポーツ選手の憧れであり、目標として君臨するオリンピック。

幼いころからオリンピックを夢見て努力を重ねている選手は多々います。オリンピックを見せスポーツを始めたという子供も非常に多く、選手たちから憧れの大会であり続けています。

さて、このオリンピックですが、年齢によって参加できないことがあるのをご存じでしょうか?

トリノオリンピックの歳には当時15歳だった浅田真央選手がこの年齢制限に引っかかり出場できなかったという経緯があります。しかし、夏季五輪の水泳で金メダルを獲得した14歳の岩崎恭子選手が出場していました。

今回はその辺りの理由を説明していきたいと思います。

 

オリンピックに年齢制限が設けられているの?

先に答えからいきます。

ずばり「オリンピックには年齢制限はない」です。

意外と勘違いしている人が多いですが、オリンピックそのものには冬季であろうと夏季であろうと年齢制限はないのです。実力さえあれば中学生でも大丈夫ですし、還暦を迎えていても大丈夫です。

では、どうして浅田真央選手のように参加できないことがあるの?

その理由は各競技の団体が年齢制限を設けているからです。

具体的には「スケート競技は健康面の配慮で15歳まで出場できない」といったものです。しかし水泳には決まりがなかったので、当時14歳の岩崎選手は出場できたというわけです。

この辺りは各競技によって異なります。

☆新体操    16歳以上

☆器械体操男子 16歳以上
☆器械体操女子 15歳以上

☆水泳飛び込み 15歳以上

☆ボクシング  17~34歳

☆サッカー   23歳以下

☆スケート   15歳以上

☆ボブスレー  18歳以上

このようになっています。

覚えておくと便利ですよ。

 

どうして年齢制限があるの?

年齢制限がある理由についてですが、基本的には身体面に考慮してのことです。

実力があっても14歳、15歳は肉体が出来上がっていないことを考慮されています。

また、それとは別の理由で年齢制限となっています。サッカーでは23歳以下だけが出場できるのですが、23歳以上を含めるとただのフル代表となってしまいます。オリンピックは元々アマチュア競技だったので、その辺りが考慮されています。

しっかりと理由があって年齢制限が設けられています。

ただ、こちらの年齢制限については多々非難を集めます。有力選手がギリギリ出場できない、となった際には大きな揉め事になります。

あくまで「オリンピックに年齢制限はなく、各競技団体が決めている」と覚えておいてください。

 - 五輪の基本情報