オリンピック総合情報NEWS

オリンピックに関する様々な情報を掲載していきます

*

オリンピックの種目|昔存在していた競技を説明します

   

長い歴史を持つオリンピック。

近代オリンピックは1896年にアテネ五輪が開催されたことから始まりました。すでに100年以上の歴史を持っています。

その歴史の中には様々な競技が存在していました。

今回は歴史の中であった競技についていくつか説明しましょう。過去にはいくつもの種類があったのですが、その中でも珍しいものだけをチョイスしました。

 

綱引き

illust2111

まずは綱引きです。

子供が運動会で行うあの綱引きです。

実は1900年~1920年の5大会で行われた競技で、人気は5大会続いたことからあったと推測できます。

国際綱引連盟は、オリンピック種目への復帰を目指しており、いずれは実現する可能性もあります。

 

綱登り

t02200392_0359064011944714284

1896年のアテネオリンピックから始まり4回行われました。

競技としては綱を垂直に登っていくだけの競技です。

しかしこれは理解ができますね。日本のスポーツ番付のような番組でも綱のぼりはありますし、スポーツで肉体を鍛えるときのトレーニングに取り入れている選手もいます。

4大会も続いたことから人気はあったのでしょう。

 

熱気球レース

_19-141037

これは意外な競技でしょう。

1900年のオリンピックで実際に行われました。

意味不明という方もいるでしょうが、こちらは「飛行距離、飛行時間、既定の場所に着陸する正確性」が競われました。

人気があったのかは不明です(苦笑)

鳩撃ち

l_02

1900年のオリンピックで行われた競技です。

名前の通り野生の鳩をどれだけ打ち落とせるか競うというもの。ちょっと残酷な気がする競技ですね。

それと同じオリンピックで「鳩レース」がありました。

パリで行われたオリンピックですが、鳩が恨みでもあったのでしょうかね。

魚釣り

l_084

こちらも1900年のオリンピックで行われた競技です。

2日間で釣上げた魚の重さで順位を決めるという競技ですね。

フィッシング自体はとても人気が高い競技ですが、オリピックではそれ以降に開催されていません。

今後は復活するかもしれませんね。

 - 五輪の歴史