オリンピック総合情報NEWS

オリンピックに関する様々な情報を掲載していきます

*

オリンピック新エンブレム応募総数1万4599件|

   

11月24日から始まった、2020年東京オリンピック・パラリンピックの新たなエンブレムの募集。

12月7日正午で締め切られ、組織委員会は応募総数が1万4,599件であったと発表されました。すさまじい数ですね。

さて、その後には審査があります。

エンブレム委員会は、審査の透明性を確保し、国民の意見を反映させる手続きなどについて議論をかなえていました。

応募作品は、事務局が2人1組で、ほかのマークと混同されるおそれがないかなどを見たうえで審査員が、デザイン面のチェックを行い、年内に100点から200点に絞ることが確認されました。

その後、さらに3~4点に絞り込みます。

そして、商標調査を行ったうえで、国民に公開して最終作品を決める方針とのことです。国民行事であるオリンピックなので、国民全員の意見を反映したいという考えでしょう。

来春に最終決定します。

応募者の最高齢は107歳、最年少は0歳となりました。こちらはどちらもグループ参加ですね。また、国内在住の外国人からも2881点の応募があったことが明らかになりました。

 - 最新情報