オリンピック総合情報NEWS

オリンピックに関する様々な情報を掲載していきます

*

プロ野球の賭博疑惑が東京五輪の種目追加にも影響が?

      2016/09/28

東京五輪の野球・ソフトに向かい風となりそうです。

プロ野球の選手が野球賭博に関与した疑いが強まったことを受け、2020年東京五輪の追加競技・種目として野球の実施を目指している大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は5日、東京都内で取材に応じました。

そこで「普通に考えればあってはならないことだ」と話しました。

 

プロ野球の賭博疑惑が東京五輪の種目追加にも影響

この問題はプロ野球だけでなく、五輪にも響きそうです。

巨人は10月5日、都内の球団事務所で緊急記者会見を行い、福田聡志投手が野球賭博を行っていた疑いがあることが明らかになったとして、同日付でコミッショナーに告発したと発表しました。

プロ野球界に大きな衝撃が走りました。

また、ファンにとっては非常にショッキングな出来事でした。

しかしこの出来事はすぐに収まる問題ではなく、オリンピックにも影響がありそうです。日本のお家芸のひとつである「ソフト・野球」はオリンピック種目に復活しようと活動しています。

今回の騒動に関しては少なからず影響がありそうです。

大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は影響について「まだ詳しいことを何も知らないので、コメントしかねる」と述べました。

まだこの事件については真実確認をしている段階です。

よって明確なことは言えないのですが、まったく影響がないとは言えないでしょう。国内外から反対意見も少なからず出てくるでしょうし、その影響の大きさが懸念されます。

続報が待たれます。

 - 東京オリンピック