オリンピック総合情報NEWS

オリンピックに関する様々な情報を掲載していきます

*

ラグビー女子7人制のメンバーが発表|男子と共にリオ五輪を目指す

   

男子ラグビーが話題となり、ここで注目を集める女子ラグビー。

リオデジャネイロ五輪女子アジア予選日本大会に臨む日本代表の登録メンバーが11月27日に発表されました。

発表されたメンバーは、今月上旬の香港大会と同様でした。

背番号 選手
1 中村知春
2 冨田真紀子
3 竹内亜弥
4 横尾千里
5 小出深冬
6 兼松由香
7 山口真理恵
8 鈴木彩香
9 鈴木陽子
10 大黒田裕芽
11 桑井亜乃
12 加藤慶子

※敬称略※

このようなメンバーとなりました。

こちらの大会は「日本、カザフスタン、香港、中国、スリランカ、グアム」の6チームが参加します。

2日間に渡って開催され、総当たりのリーグ戦を行います。ルールはちょっと複雑になっており、1位~6位まで順位を決定する戦いです。

得点配分

1位が6点

2位が5点

3位が4点

4位が3点

5位が2点

6位が1点

大会ポイントを獲得し、香港大会との2大会合計が最も多いチームが五輪出場権を得ます。女子ラグビー日本は香港大会で優勝しています。つまり現在では6点を得ています。

男子に続いて是非出場権を獲得してですね。

男子ラグビーが大フィーバーとなっているだけに、この流れに女子も乗りたいところですね。

 - リオデジャネイロオリンピック