オリンピック総合情報NEWS

オリンピックに関する様々な情報を掲載していきます

*

リオオリンピックが開幕|日本選手団は104番目に入場【動画】

      2016/08/07

リオデジャネイロオリンピックが開幕です。

現地時刻で8月5日午後11時49分、日本時間では8月6日午前11時49分に聖火台に聖火が灯されました。

いよいよ始まりますね。

聖火リレーの最終走者にデリマ氏

南米大陸初開催となるリオデジャネイロ五輪の開会式が5日夜にマラカナン競技場で開催され、4年に1度の熱戦が幕を開けました。

聖火リレーですが、ブラジルのテニスの英雄であるグスタポ・クエルテン氏がトーチを持って競技場に入場し、最終聖火ランナーとして2004年のアテネ五輪銅メダリストのバンデルレイ・デリマ氏が登場しました。

こちらのデリマ氏はアテネ五輪でコースに乱入した男に走行を妨害されて優勝を逃したことで有名ですね。

この妨害騒ぎは日本でも騒ぎになりましたね。

納得の最終ランナーといえるでしょう。

聖火は4月21日にギリシャのオリンピアで採火され、5月3日に航空機でブラジルの首都ブラジリアに到着しました。約3カ月かけて327都市を巡り、マラカナン競技場にたどり着きました

 

開会式が滞りなく進行

大会開催前に不安要素が取りざたされたリオオリンピック。

しかし世界中の選手たちが無事に開会式に参加しました。

日本選手団は約半数が過ぎた104番目に登場しました。旗手を務める陸上男子十種競技の右代啓祐選手を先頭として、堂々と行進しました。表情は明るく、自信にあふれている様子が伝わってきました。

国家が関わったとされるドーピング問題で100人以上が出場できなくなったロシア選手団ですが、参加が認められた選手たちは笑顔で行進しました。

難民選手団は最後から2番目に登場すると、会場から大きな声援があがりました。選手、役員ら十数人と少なかったが、力強い足取りで行進しました。

 

 - リオデジャネイロオリンピック , ,