オリンピック総合情報NEWS

オリンピックに関する様々な情報を掲載していきます

*

リオパラリンピックが深刻な運営費不足|チケット余りまくりで無事に開催できるのか

   

リオパラリンピックの開催が来月、9月7日から18日に開催されます。

オリンピックが閉幕しましたが、まだまだパラリンピックが控えていることでブラジルでは熱気が高まっているだろう……

と、思ったのですが、そうではないようです。

 

深刻な運営費不足

運営費が圧倒的に不足しています。

パラリンピック組織委員会は、来月開幕するリオデジャネイロ・パラリンピックの運営費を削減する最後の手段として、会場1か所と複数のメディア施設を閉鎖を検討しています。さらに、スタッフと会場の収容人数を減らそうとしてしていることがわかりました。

実はチケットの売り上げが不振です。

チケットは用意された240万枚のうち30万枚ほどしか売れていない状態です。国民の関心が薄いことが原因ですね。

パラリンピック組織委員会に対する助成金は7月29日までに支払われているはずだったが、予算使途の詳細を明らかにするよう求める2件の裁判所の差し止め命令によって棚上げ状態になっています。この助成金は参加165か国に旅費の補助として分配される予定だった。

これがないのも痛いところですね。

ですが、予定されている22競技全てを行うことになりました。

パラリンピック委員会・クレイバン会長は「パラリンピックの56年の歴史で初めての事態に直面しています」とコメントしています。

開幕まで20日前後となっていますが、果たしてうまくいくでしょうか。

選手たちは4年間の努力をしてきた場なので、無事に成功することを祈りたいですね。

 - リオデジャネイロオリンピック ,