オリンピック総合情報NEWS

オリンピックに関する様々な情報を掲載していきます

*

リオ五輪のマラソン代表選考がいよいよ開始

   

来年2016年に開催されるリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック。

人気種目であるマラソンの日本代表選考が11月15日のさいたま国際マラソンから本格的に開始します。

代表枠は男女とも最大3人です。

女子代表は今年8月の世界選手権で日本人最上位の7位に入賞した伊藤舞選手が選考基準をクリアしたので内定しており、残り2枠を争う格好になります。選考レースは男女3大会あります。それぞれ日本人上位3位以内に入った選手が選考対象となります。

日本陸連は設定記録を「男子は2時間6分30秒」に「女子は2時間22分30秒」と決めました。

この記録をクリアした選手の中から男女1人ずつを優先的に選出します。それ以外は記録やレース展開などを総合的に判断して選ぶとしています。

陸連は「設定記録の水準」を基準にしたいとしています。スローな展開ではタイムが伸びないこともあるので、内容も重視しているようです。しかしあくまでも設定記録に挑み、超えるような走りを望むとコメントをしています。基準はタイムですが、タイムだけが基準ではないというわけですね。

しかし、ファンからは疑問もありますね。

世界選手権の選考では内容を理由に横浜国際で優勝した田中智美選手が代表から外れたという経緯があり、陸連に対して不満を持っているファンも多くいます。

 

個人的な意見

個人的には陸連が大きな1つのレースを指定し、その大会で「1~3位を代表に決めればいい」と思います。

それならば反対意見もなく決定すると思うのですがね。むしろ陸連が日本最高峰のあるレースを作って一発で決定してしまうのはいかがでしょうか。

調子が悪いから別の選考レースを走ればいいというやり方で強い選手が育つとは思えないですね。

本番は一発勝負なわけですし。

 - リオデジャネイロオリンピック