オリンピック総合情報NEWS

オリンピックに関する様々な情報を掲載していきます

*

リオ州が財政緊急事態を宣言し、リオ五輪開催にも暗雲

   

リオデジャネイロが窮地です。

8月に五輪を開催するブラジルのリオデジャネイロ州政府は財政難が深刻として、17日に「緊急事態」を宣言しました。

オリンピックまで2か月を切った中でのこの宣言は異例のことで、リオ五輪にも少なからず影響するでしょう。

リオ五輪開催にも暗雲

この宣言に至った理由ですが、深刻な景気後退に襲われたからです。

州政府は五輪関連の責務遂行が出来なくなっていると指摘し、治安維持、保健衛生などあらゆる面で非常に困難な状況に遭遇しているとした。

州政府が「財政緊急事態」宣言をしたのは「連邦政府に円滑な資金援助を求めるのが狙いだと報じています。実際にその狙いでしょう。

五輪の主催組織は”リオデジャネイロ市”ですが、同州政府も一定の責任を担っています。

ちなみに今年は190億レアルの赤字が見込まれています。この数字は日本円にすると約5800億円となります。給与支払いが遅れ、病院の一部施設が閉鎖されたり警察の装備が縮小されたり影響がでています。

では、リオデジャネイロ五輪は開催できるの?

行う予定となっています。

今から開催地の変更は不可能でしょうし、開催自体はされるでしょう。ここで開催されなかったら選手たちの4年間が無駄になります。

ただ、注意点が多い五輪となるのは確実です。治安も悪いことが予想され、ジカ熱の脅威もあります。観戦される方にはくれぐれも注意が必要です。

 - リオデジャネイロオリンピック , ,