オリンピック総合情報NEWS

オリンピックに関する様々な情報を掲載していきます

*

ロシアがドーピングでリオ五輪に出場停止の可能性も

   

リオ五輪関連で世界を揺るがす大きなNEWSがありました。

世界反ドーピング機関が11月9日、ロシア陸上界の組織的ドーピング疑惑を調査してきた独立委員会の報告書を公表しました。

この日公表された報告書ですが、ロシア陸上界の組織的なドーピング違反を認定するという内容でした。ロシアの検査機関が約1500選手の血液検体を意図的に壊していたことも明らかにしました。

さらに、国際陸上競技連盟は違反に関わったロシア陸連のコーチや医師、複数の選手を陸上界から永久追放すべきだと勧告しました。

この勧告を受けた選手の中には、ロンドン五輪の女子800メートル金メダルのマリア・サビノワ選手が含まれています。

ただ、このドーピング疑惑についてロシア側は反論しています。

ロシアのペスコフ大統領報道官のコメント

「非難をするなら証拠に裏打ちされたものでなければならない。証拠が示されていない現時点で非難は受け入れられず、事実無根だ」

と、反論しました。

ペスコフ氏は今週中にプーチン大統領とムトコ・スポーツ相が五輪をテーマとした行事で同席する予定になっており、ドーピング問題をめぐって協議する可能性を示唆しました。

今後の動向から目が離せないですね。

 - リオデジャネイロオリンピック