オリンピック総合情報NEWS

オリンピックに関する様々な情報を掲載していきます

*

五輪開催地リオデジャネイロの治安はどう?

   

2016年に開催されるリオデジャネイロ五輪。

4年に1度の祭典を生で観戦しようと考えている人も多いでしょう。しかし、実際に行くとなると気になるのが治安です。日本は非常に治安がいいので信じられないかもしれないですが、海外の都市の中では治安がよくないところがあります。

折角ならば余計なことを考えずにオリンピックを楽しみたいところですよね。

 

リオデジャネイロの治安について

リオデジャネイロはブラジルの中心であり、世界的に有名ですね。人口600万人を超える大都市です。首都ブラジリアよりも人口が多く、名前も国際的に広まっています。

治安についてですが、世界有数の犯罪都市としても有名です。街中で銃撃戦が発生したことは少し調べればわかることだと思います。

在ブラジルの日本大使館HPでも治安については警鐘を鳴らしています。

1、自分と家族の安全は、自分自身で守る。

2、防犯の努力・労力は惜しまない。

3、「目立たない・行動を予知されない・用心を怠らない」を念頭に行動する。
4、「自分だけは大丈夫・まさか自分が」というような安易な考えは払拭する。

これらの注意事項を発表しています。

日本と比較してしまえば、決して良いとは言えないのが実情です。大都市のため、多くの人が仕事を求めてリオへやって来ます。大量の移民が入ってくることでスラムが生まれ、て治安の悪い街という印象を生み出してしまいました。

しかし、どこの国にいっても犯罪率が”0%”はありえないことです。

特に日本人は世界的に裕福とみられているので、リオデジャネイロを歩く際にはくれぐれも注意してください。

お金を人前で出したり、大金を持ち歩いたり、夜道を歩くなどは控えたほうがいいでしょう。

ただ、リオデジャネイロも五輪開催地です。

確かに現状の治安には不安もありますが、今後改善していくことが発表されています。治安の改善に期待しましょう。

 - リオデジャネイロオリンピック