オリンピック総合情報NEWS

オリンピックに関する様々な情報を掲載していきます

*

内村航平選手がリオ個人総合決勝は逆転で2連覇達成!

   

日本がまたも歓喜です。

体操の内村航平選手が合計92・365点で見事個人総合の2連覇を達成しました。44年ぶりの快挙達成おめでとうございます。

 

個人総合で逆転2連覇

大逆転の金メダル獲得となりました。

個人総合決勝ですが、非常に厳しい戦いでした。5種目が終わるところまでは2位でした。ライバルはウクライナのベルニャエフ選手です。

4種目が終わって0・401点だった両者の点差は、5種目めにさらに開くことになりました。ベルニャエフ選手は得意の平行棒で見事な演技を披露し、点差が広がり両者の差は0・901となりました。

しかもここでアクシデント。

試合後にわかったことですが、内村選手は鉄棒の演技中にぎっくり腰になっていたことがわかりました。種目別も控えていたのですが、こちらは出場できるか微妙となりました。

最後の鉄棒を残すのみとなったこの場面で、最後に15・800点という高得点をたたき出して逆転します。これによってロンドン、リオと個人総合の連覇となります。この連覇は1972年のミュンヘン五輪の加藤沢男選手以来44年ぶりとのことになります。

ちなみにベルニャエフ選手との差は0・099点と僅差での勝利となりました。ベルニャエフ選手は2013年のワールドカップ東京大会で優勝した選手でもあり、ポスト内村の呼び声も高い名選手です。今後の大会、またはオリンピックでも必ず出てくる名前となるでしょう。

金メダル獲得の内村選手のコメント

「疲れ切りました。やり切りました。何もできないところまで出し切ったという感じです。うれしいより幸せです。一番の幸せ者だと思います」

 

 - リオデジャネイロオリンピック , , , ,