オリンピック総合情報NEWS

オリンピックに関する様々な情報を掲載していきます

*

東京五輪で受動喫煙防止条例制定は実現するのか?

   

lgi01a201309012100

2020年に開催が決まっている東京オリンピック・パラリンピック。

東京都は”コンパクト”で”クリーン”な大会を目指しています。その中で注目されているのはタバコです。

海外ではタバコの規制は日本よりも厳しく、都としては海外から来る観光客に合わせて禁煙を推し進めたい考えです。

東京都医師会の尾崎治夫会長は受動喫煙防止条例制定を実現し、タバコの害をゼロにしたいとの考えを示しました。

前々から都医師会は禁煙対策を強化していました。2011年の10月に対策委員会を立ち上げ、禁煙推進のための行動指針を掲げています。

東京都は、タバコのないオリンピックに向け、受動喫煙防止対策検討会を設置して受動喫煙防止のための規制方法を検討してきた経緯がありました。

しかし都は今年5月の取りまとめでは、「開催都市として、18年までに条例化について検討を行う」と結論を先送りにしました。尾崎会長としてはこの結論先送りには反対意見のようですね。

今後の動向に注目です。

タバコに関してですが、東京五輪に向けて増税するという話が出ています。1箱1000円にするという話もありますが、こちらの情報についても今後が気になりますね。

 - 東京オリンピック