オリンピック総合情報NEWS

オリンピックに関する様々な情報を掲載していきます

*

東京五輪のビッグサイト利用に都知事が計画変更を発表

   

540x360x141214_bigsight-540x360.jpg.pagespeed.ic.7c5Bct7_bN

2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会で使用される予定の東京ビッグサイトの利用について、東京都の舛添要一都知事が計画変更を定例記者会見で発表しました。

当初の予定では東京ビッグサイトはフェンシングなど3競技、また存在するすべての既存施設を使う計画でした。さらにプレスセンター向けに新たに拡張棟を整備し、大会終了後に展示施設として活用する予定と発表されていました。

しかし今回、国際放送センターに必要なスペースを考慮して3競技を幕張メッセに移すと発表。

国際放送センターは東側のホールに、プレスセンターは会議棟と西ホールに入り、拡張棟は使わなくてよくなりました。とはいえ、展示場として使っていくため、拡張棟の整備は引き続き進めるとしている状況です。

ビッグサイトは様々なイベントを行っているので使えないことで不具合が生じることも懸念されていました。

年2回行われるコミックマーケットなどは東京都にとっても大きな行事であり、重要な収入源とされています。

今回の変更について都知事は「ビッグサイトが使えなくなるので何とかしてくれという声が多く来ています」としつつも、変更はそうした声を受けてのものではないと否定しました。

代わりとなる会場については、国内各地の会場に依頼しているという。

展示場使用者に対する説明会では、2019年4月から2020年11月まで、西館と拡張棟が2020年4月から10月まで使用できない可能性があるとの説明していました。ただ、これは確定ではなく使用者からの要望や調整を行った後に正式にアナウンスする予定です。

 - 最新情報