オリンピック総合情報NEWS

オリンピックに関する様々な情報を掲載していきます

*

東京五輪の新エンブレムは条件なしで国民全員が応募可能!

      2016/09/28

2020年に開催が決定している東京五輪ではエンブレムでゴタゴタが続いていますね。

こちらの問題で最初に提案された佐野氏のエンブレムが使用中止となり、新しいエンブレムを選ぶことになりました。

その新エンブレム関連で新しい動きがありました。

 

東京五輪の新エンブレムは国民全員が応募可能

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は9月21日、使用中止となった公式エンブレムを新たに選考するための準備会の会合を開きました。

新エンブレムの公募についての会合となりました。

応募条件にはデザインなどの大会の受賞歴による制限を設けない方向で意見が一致しました。

つまり、国民の全員にチャンスがあるということですね。

これまでのエンブレム公募では、国内外の指定された賞を過去に複数回受賞したデザイナーだけが応募できました。

しかし今回はそれを撤廃して多くの人々から応募を受け付けることになりました。

座長である宮田亮平東京芸大学長は幼稚園児まで幅を持たせる議論が上がっていることを明かしました。

宮田座長のコメント

「スポーツの力、勇気、元気、感動、日本らしさ、日本文化を世界に発信、未来への広がり…。たくさん出ました。多くの国民が分かりやすく応募できる明快なものを示す考えで一致しました」

このような発言を残しています。

エンブレム選考委員会については最終段階であり、15~20人の実名が上がっています。こちらはデザイン関係者だけでなく、幅広い分野の面々で構成されるとのことです。

これは前回の教訓を生かしたという形ですね。

 - 東京オリンピック