オリンピック総合情報NEWS

オリンピックに関する様々な情報を掲載していきます

*

東京五輪”新エンブレム”公募締め切りが12月7日に!

      2016/09/28

2020年に開催が決定している東京オリンピック・パラリンピックですが、様々なことで連日ニュースになっていますね。

その中でも最大の関心事と言えば”エンブレム問題”でしょう。佐野研二郎氏のデザインが白紙撤回となり、新しいエンブレム選定がされることが決定しています。新エンブレムはプロだけでなく一般公募も可能と発表されています。

さて、その新エンブレムに関して新情報が出ました。

 

新エンブレムに関する情報

10月6日、組織委委員会は大会エンブレムを選び直すエンブレム委員会の第2回会合を開催しました。

そこでは募集要項案についてまとめられました。

10月12~16日の間に応募要項を公表し、12月7日に応募を締め切ることを決めました。応募要項の骨子も組織委のホームページ上で公表し、広く作品を募るとのことです。

その応募資格ですが「18歳以上でデザインコンテストの受賞歴は問わず、日本国籍か日本在住の外国人」です。

つまりは18歳以上なら誰でも可能というわけです。

グループでの応募も認め、代表者が年齢・国籍の条件を満たせば子供でも参加できるとしています。複数人で描く、あるいは家族で1つの作品を応募することも可能です。

そして、気になる当選作品の氏名についてです。

作品の制作者の公表については本人と相談して決めるという制度になりそうです。製作者名を非公開にすることも可能です。

これは佐野氏の件を考慮してのことでしょう。

佐野氏のエンブレム問題では大きな騒ぎとなり、佐野氏に対する誹謗中傷があふれました。家族にまでその手が及ぶという事態になったので、こういった措置が取られたと想像できます。

ただ、非公表では裏で取引があるのでは?

と、ネットでは疑問を呈す人が多くいます。

そういった不満が出ない素晴らしいエンブレムを、厳正な審査にて決めてほしいですね。

 - 東京オリンピック