オリンピック総合情報NEWS

オリンピックに関する様々な情報を掲載していきます

*

東京五輪2020の影響で受動喫煙対策が広がる

   

喫煙者には厳しい話題ですが、2020年東京五輪に向けて禁煙がさらに広がりを見せています。

最近は喫煙の悪い話がよくメディアに取り上げられ、禁煙の動きに向かいつつあります。

 

受動喫煙対策が広がる

厚生労働省は受動喫煙の増加を受け、2016年10月、不特定多数の人が集まる場所を中心に喫煙を厳しく規制する対策案を発表しました。

これを受けて、10月31日に検討会を開きました。

飲食店やホテル・病院などの業界団体からヒアリングを行ったが、各団体からは反対意見が相次ぐ結果となりました。

今回の厚労省の案では、飲食店などは「建物内は原則禁煙」となるというものでした。

喫煙室の設置は認められるが、たばこを吸いながら食事ができる喫煙席を設置する分煙スタイルは禁止されることになります。違反した施設の管理者や喫煙者には罰則が科されるという重いもの。

反対意見が相次いだのは理由があります。

飲食店=飲食屋に人が来なくなることが予想されたからです。

病院&ホテル=一律の敷地内禁煙はあまりにも厳しすぎる

こう言った理由で反対となりました。

 

受動喫煙対策をする理由は?

しかし何故、こうして急に対策をするのでしょうか?

それは東京オリンピック・パラリンピックがあるからです。実は近年のオリンピック開催地では、違反した人に対して軒並み罰則を伴う受動喫煙防止策がとられています。

このため、日本も他の開催国と同様に受動喫煙に対する対策を求められるようになりました。

 - 東京オリンピック , , ,