オリンピック総合情報NEWS

オリンピックに関する様々な情報を掲載していきます

*

野球・ソフト連盟会長が福島を視察

   

2020年東京オリンピックでは野球&ソフトが復活します。

その予選会場を決めるため、世界野球ソフトボール連盟会長のフラッカリ会長が候補として名前の出ている福島県を視察しました。

 

五輪会場候補を視察

フラッカリ会長は11月19日、福島県で内堀雅雄知事と会談しました。

その後、予選の会場候補となっている福島市の「県営あづま球場」と、郡山市の「開成山野球場」を視察しました。福島県内では、野球とソフトボールの日本戦の予選1試合ずつが開催される見通しです。

視察後のコメント

「球場だけでなく、周辺施設の整備状況や試合のスケジュールなど全ての要素を考慮し、福島開催の可能性を探りたい」

感想としてはどうでしょうか。

現在のところ不満は出ていないので好感触なのでしょうかね。

大会組織委員会は野球、ソフトボールとも開幕戦の日本戦を福島で開催する方向で調整している。今後、会場を絞り込み12月のIOC理事会での承認を目指すことになります。

 - 東京オリンピック , , ,